危険性

プラセンタの種類の詳細

プラセンタが身体に良い効果をもたらすという事は世間でも知られているかと思います。
美容面でのアンチエイジング効果、病気の予防、栄養素の補給と様々な良い効果をもたらしてくれるんですね。
その中でも幾つか種類が分かれているのをご存知でしょうか?
それぞれに特徴があり、わたしたちに影響をあたえる部分が変わってくるんですね。

まず、大きくわけて種類は3つあります。
動物性プラセンタ、海洋性プラセンタ、植物性プラセンタと分けられています。

動物性にも「ヒト」「豚」「馬」「羊」の成分で分けられているんですね。
一般的に流通されているものは「豚」の動物性プラセンタです。
動物性の物の特徴として成長因子が含まれていることでしょう。
これは動物性のものにしか含まれておらず、健康自体を促進するのに効果があります。

海洋性の物は鮭、植物性プラセンタはメロンやバラが元となっており、効果の大きい物が動物性プラセンタとなっています。
植物性のものは安全性に特化し、海洋性は両方のバランスを取っており特徴が様々です。
かといって動物性のプラセンタが危険なものというわけではなく、様々なサプリメントや化粧品にも使われているのであんしんして利用することが出来ます。
自分自身にとって一番使いやすいモノ、スタンスに合ったプラセンタを選んでその効果を体感したいものです。