危険性

プラセンタ注射の危険性

プラセンタにはわたしたちに良い影響をもたらし、アンチエイジング対策にも効果があるとされています。
化粧品にもサプリメントとしても使われておりますが、プラセンタを直接摂取する方法としてプラセンタ注射があります。
プラセンタには危険性はありませんが、副作用が極稀にあるとの報告が挙がっています
では実際、プラセンタ注射はわたしたちの身体に危険ではないか気になりますね。

プラセンタ注射は厚生労働省にきちんと認められた注射製剤です。
これだけでも少し安心感がありますね。
ヒトの胎盤を原料にしており、効果がかなり期待できます。
ただ、ヒトの胎盤を原料にしている以上感染症のリスクも考えられます、注射そのものは選別、きちんとした除菌を行っているので問題は無いとされています。

過去から今までプラセンタ注射によって感染症が伝播したとの報告はありませんので安心ができますね。
ただ、やはり感染の疑いが完全には否定出来ないため献血を行うことができなくなりますので注意が必要です。
注射の仕方は皮下注射、筋肉注射を受けることが出来て、プラセンタの効果を得ることが出来ます。
静脈注射、点滴注射は事故の際に副作用救済の適用がないので注意が必要です。
皮下注射、筋肉注射は保険適用の範囲なので安心して利用できます。